とある風俗の体験談で、オタクの男性と、風俗嬢が恋仲になった。というものがありました、もし本当ならば僕も是非風俗嬢と恋仲になりたいものです!

締めのラーメンの後に風俗

飲み会の後、「締めのラーメン」って定番じゃないですか。ただその日はそれが締めにならなかったんですよ。だってラーメン屋の隣にヘルスがあったんです(笑)それはもう行けって言われているようなものじゃないですか。だから同僚たちと一緒に締めのラーメンならぬ、「締めのヘルス」に行ってきました。風俗街だからそういった立地なのも珍しくないんでしょうけど、こっちはそんなシチュエーションは初めてだったので、ラーメンを食べている最中はずっと隣に行くべきかどうかって事の話し合いばかりでした。次の日が休日だったのもあって、行ってみようって事になったので行ってきたんですけど、満腹感の後の風俗、悪くないですね(笑)満腹感ってそれだけでも気分が高まるじゃないですか。その状況で女の子に抜いてもらうのは、なかなか素晴らしいなと(笑)食欲と性欲ってある意味繋がっているんじゃないかなって思わされましたし、これからこの組み合わせも良いなと。

物静かな風俗嬢と思ったら…

風俗情報誌をパラパラめくっていたらかなり好みの子を発見したんです。一度お願いしたいなと思って早速予約しました。デリヘルだったんですけど、早速彼女と合流。そして楽しんだんですけど、外見から大人しそうな雰囲気が流れていたんですけど、実際の彼女もかなり大人しい雰囲気でした。でもその大人しい雰囲気がかえってドキドキを生みました。ホテルの外での合流だったんですけど、部屋に入るまでドキドキが止まりませんでしたね(苦笑)でも部屋に入ったらというかプレイが始まったら一気に豹変というか、大人しい雰囲気だった彼女がかなりアグレッシブに自分に向かってくるんです。このギャップは堪らないなと。それまでのドキドキとは違うドキドキに変わっていましたね。それに上手なんです。初対面の時の雰囲気は初々しいというか、初心な感じがしたんですけど、ベッドの上での彼女はそんな雰囲気なんて全然なく、自分のためにとことん奉仕してくれるプロの風俗嬢でしたね。

サバサバした風俗嬢でしたね

風俗って女の子との会話の時間も楽しみの一つだと思うんですよ。その時間をどうやって楽しむのかも、楽しさの一つというか。この前ヘルスに行ってきたんですけど、その時相手をしてくれた子はかなりサバサバした性格でしたね。それが新鮮でした。風俗の子って、その時はどちらかというと濃厚な部分を演出してくれるじゃないですか。それこそ、まるでその時だけは恋人同士かのような雰囲気を演出してくれたりする子もいますけど、その子はそういった雰囲気よりもちょっと冷たい感じというか、まるでセフレと割り切って遊んでいるかのような雰囲気を楽しむ事が出来ました。あの雰囲気はもしかしたら初めてだったかもしれません。自分にとっては未知の領域というか、快感だけを求めるかのような時間のおかげでいつも以上に大胆になれたような気がします。そして思ったんですよ。受け身でいるよりも、こうやって自分から快感を貪るかのようにアグレッシブな方が風俗は楽しいなって。

上手な風俗嬢は本当に上手です

いつぞやのヘルスで相手をしてくれたHの事は今でも覚えています。半年以上は前なんです。それでも彼女の事は鮮明に覚えています。多分彼女は今までの風俗の中で一番上手だったんじゃないかなって。だから覚えているんです。何もかも上手でしたが、舌、手、そして胸。彼女はすべてを駆使してこちらの事を気持ち良くさせてくれていたんです。しかも目まぐるしくいろいろな事をしてくれたんですけど、どれも気持ち良いんです。きっと彼女の術中にハマっていたって事なんでしょうね。だから何をされてもすべてが快感なんです。そんな事ってそうそうめったにはないですから、だからこそ余計印象に残っているってのがありますよね。男が何をされたいのかとか、どこをどうされるとどうなるのか。それを完全に把握しているんじゃないかなって。とにかく満足です。発射した時の満足感とか、それまでの風俗とは比べものにならないというか今でも鮮明に覚えているくらいなんですから。